FC2ブログ

「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

武器貿易条約(ATT)関連の日本語資料

武器貿易条約(ATT)に関して日本語で入手可能な論文等の資料まとめ
【日付の新しい順】


A) 「2012年7月武器貿易条約交渉: 決裂の背景と今後の見通し」
榎本珠良、日本軍縮学会ニュースレター第12号(2012年11月)10-11頁。

B) 「2012年7月・武器貿易条約交渉の経緯と今後の展望」
★PDFでダウンロード可能★
夏木碧、『核兵器・核実験モニター』第410号(2012年10月)5-8頁。

C) 「武器貿易条約(ATT)」
佐藤丙午、『軍縮問題入門』黒澤満編著、東信堂、第8章第7節(224-229頁)。

D) 「1990年代の通常兵器規制における国連とNGO:国連ATTプロセスを中心に」
榎本珠良、日本国際政治学会2012年度研究大会(2012年10月19-21日)
分科会D-5国連研究I「国連における軍備管理・軍縮交渉」報告論文。

E) 「武器貿易条約(ATT)国連交渉の決裂:7月交渉会議の経緯と今後の展望」
夏木碧、『月刊公明』第83号(2012年11月号:10月発売)56-61頁。

F) 「通常兵器の移転に関する国際規制の歴史と現状:冷戦終結後の進展とその限界」
榎本珠良、『軍事史学』第48巻第2号(2012年9月) 4-21頁。

G) 「7月の武器貿易条約(ATT)国連会議に向けて」
夏木碧、『月刊公明』第79号(2012年7月号:6月発売) 54-59頁。
2012年7月のATT交渉会議での論点を解説。下記EやHとあわせると、ATTの経緯、主要論点、7月交渉での「コンセンサス」問題などを、おおまかに把握可能。

H) 「武器貿易条約(Arms Trade Treaty)第4回準備委員会の分析」
★PDFでダウンロード可能★
榎本珠良、『軍縮研究』第3号(2012年4月) 51-60頁。
2012年7月のATT交渉会議に向けた準備委員会(2012年2月)の分析。7月交渉会議に向けての各国の姿勢、7月交渉会議の「コンセンサス」ルール等のの問題、7月の交渉中にどのように影響する可能性があるのか、などの解説。

I) 「日本での動き~武器取引は規制できるのか?」
『ニューインターナショナリスト日本版』第136号(2011年12月) 14-17頁。2012年7月会議に向けての日本のNGOへのインタビュー。

J) 「兵器:善と悪の二項対立を超えて」
榎本珠良、『国際政治モノ語り:グローバル政治経済学入門』佐藤幸男編、法律文化社(2011年) 16章。

K) 「武器貿易条約(Arms Trade Treaty)国連プロセス:経緯と課題」
★PDFでダウンロード可能★
夏木碧、『核兵器・核実験モニター』第366号(2010年12月) 5-6頁。
ATT交渉に至るまでの経緯と主な論点のまとめ。

L) 「武器貿易条約(ATT)と軍備管理」
佐藤丙午、『国際安全保障』第37巻第4号(2010年3月) 31-46頁。

M) 「見落とされる通常兵器移転の問題」
夏木碧、『外交フォーラム』253号(2009年8月号) 70-74頁。

N) 「通常兵器の移転に関する1990年代以降の規制」
★PDFでダウンロード可能★
榎本珠良、『アジ研ワールド・トレンド』(アジア経済研究所)第133号(2006年10月号)32-35頁。

O) 「武器貿易条約(ATT)の課題」
★PDFでダウンロード可能★
佐藤丙午、防衛省防衛研究所 ブリーフィング・メモ 2005 年12月

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/99-c6d93738
該当の記事は見つかりませんでした。