FC2ブログ

「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

2012年2月 ATT国連準備委員会第四回 関連情報

2012年2月13日(月)から2月17日(金)まで、ニューヨークの国連本部で開催される、武器貿易条約(ATT)に関する第四回国連準備委員会関連の情報を掲載します。
過去の国連準備委員会の情報は、「武器貿易条約」カテゴリーの過去の記事でご覧いただけます。また、ニューヨークでのNGOの活動や議論の様子は、オックスファム・ジャパンのスタッフブログ「軍備管理・軍縮便り」(日本語)でも紹介する予定です。スタッフブログでは、過去の国連準備委員会の様子もご覧いただけます。

前回2011年7月の第三回準備委員会では、直前の6月末に、履行と最終条項についての議長インフォーマル文書が各国に送付され、その文書の条文案について議論・交渉をしました。そのうえで、第二回の準備委員会で扱われた、条約の適用範囲、構成要素、国際協力・支援のセクションと、第三回の準備委員会で扱った部分をあわせた、全体的な条約案に関する議長インフォーマル文書が作成されました。

今回の第四回準備委員会は、今年7月に開催される4週間の条約交渉会議の手続的事項を中心に議論をすることになっています。そして、この手続的事項は、7月の交渉会議の行方を左右する非常に重要なものとなることが予想されています。また、今回の準備委員会は当初は3日間の予定でしたが、2011年国連総会での決定に基づき5日間に延長されており、前回作成された議長インフォーマル文書の内容について再度議論される可能性もあります。

手続的事項について今回議論される主なポイントは、以下の3点です。
● 7月交渉会議の議長を誰にするか、および準備委員会を通じて議論のベースにしていた「議長インフォーマル文書」を何らかの形で7月条約交渉のベースにするかどうか
● 7月の交渉会議での合意のルール:2009年国連総会決議では、7月交渉会議はコンセンサス(on the basis of consensus)とされているが、この「コンセンサス」の意味、およびそれが必要な段階
● 7月の交渉会議へのNGO参加の可否、および(参加可能な場合は)どの会合に参加できるかという参加のレベル


【第四回国連ATT準備委員会 基本リンク集】
1.国連関連
1-A. ATT準備委員会公式サイト(英語)
2006年の国連総会決議後のこれまでの国連ATTプロセスでの文書も入手いただけます。
1-A-a. 第四回準備委員会アジェンダ(英語:PDFファイル)
1-A-b. 7月交渉会議のアジェンダ案 2012年2月2日(英語:PDFファイル)
1-A-c. 7月交渉会議における手続規則案 2012年2月6日(英語:PDFファイル)

2. 会議に参加するNGO関連
【日本語】
2-A. オックスファム・ジャパンのスタッフブログ 「軍備管理・軍縮便り」(日本語)
2-B. 2月13日開会にあたっての「コントロール・アームズ」国際キャンペーン・プレスリリース(日本語訳)

【日本語以外の言語】
2-C. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーンサイト(英語)
2-C-a. キャンペーンの報告書などの文書ダウンロード(英語)
2-C-b. キャンペーンが求めるATTの概要(英語)
2-D. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーン関係者ブログ1(英語)
2-E. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーン関係者ブログ2(英語)
2-F. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーン Flickr(英語)
2-G. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーン YouTube(英語)
2-H. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーン Facebook(英語他)
2-I. 「コントロール・アームズ」国際キャンペーン Twitter(英語他)
2-J. 武器貿易条約モニター:いくつかのNGOによる準備委員会中の配布物(英語)

3.日本政府関連
3-A. 外務省サイトの国連ATTプロセス関連情報

(作成者:夏木碧 「武器と市民社会」研究会事務局担当。2003年より、国際NGOオックスファムにて人道/軍備管理・軍縮分野を担当。ATT関連の調査・研究や国内・国際会議の企画・調整等を行う。)

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/71-933df29a
該当の記事は見つかりませんでした。