FC2ブログ

「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

研究会の趣旨・運営形態の変更について

「武器と市民社会」研究会では、2010年12月の第25回研究会以降、この研究会の趣旨や運営の仕方の変更について、検討をしてまいりました。2010年12月の研究会の場で決定した内容に沿って当面の運営を試みたうえで、2011年12月の第28回研究会後の企画会議の場で、以下のように最終決定いたしました。

【2007年以降の研究会の役割と今後の課題】
本研究会は、2007年の設立以降、通常兵器関連NGO・研究者・政府関係者等のネットワーキング、議論推進の役割を果たすことを試みてきた。
今後は、以下の課題や必要性に鑑み、運営形態等を変更する。
①低コスト(人員・資金)で運営する
②NGO内部での議論やネットワーキングの役割は終えた感があるため、通常会合の形態を見直す
③通常兵器関連の問題について、多様なバックグラウンドや意見・立場を持つ方々の間の意見交換やネットワーキングの場としての機能を維持する
④通常兵器分野の問題の国内での関心をより高める

【今後の研究会の運営】
①2011年度に試行したように、通常会合(年4回程度)を公開で行い、さまざまな専門や立場の方々の参加を呼びかける
②個人資格で参加する企画グループを設け、通常会合の企画と2012年度の企画を行う
③基本的に、通常会合等は拓殖大学で開催する
④事務局はオックスファム・ジャパン夏木碧が引き続き担当する

【企画グループのメンバー:個人資格であり、組織を代表しない】
五十音順:阿久根武志、佐藤丙午、杉原浩司、夏木碧、福田毅、森山隆、他2名

以上

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/70-13b71db9
該当の記事は見つかりませんでした。