「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続セミナー最終回:「ロボット戦争」はどこに向かうのか?

武器と市民社会」研究会連続セミナーの最終回は、下記のとおり開催することといたし
ました。皆様のご参加をお待ちしております。
案内チラシはこちら
20110122Seminar_1.jpg  20110122Seminar_2
----------------------------------------------------------------------------------------------
【タイトル】「ロボット戦争」はどこに向かうのか?
【日時】2011年1月22日(土)13:30~16:30(13:00開場)
【場所】拓殖大学文京キャンパスC館4階C-404教室

[住所]〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14
[地図]アクセス http://www.takushoku-u.ac.jp/map/acc_b.html
     (東京メトロ 丸の内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分)
   キャンパス内 http://www.takushoku-u.ac.jp/map/map_b.html
【登壇者】  
報告・討論
佐藤丙午 (拓殖大学 海外事情研究所 教授)
小宮山亮磨 (朝日新聞東京本社 科学医療グループ 記者)
岩本誠吾 (京都産業大学 法学部 教授)
コメント・討論
押村高 (青山学院大学 国際政治経済学部 教授)
高橋和夫 (放送大学 教授)
司会
夏木碧 (オックスファム・ジャパン ポリシー・オフィサー)

【主催】「武器と市民社会」研究会/拓殖大学海外事情研究所
【後援】特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン
【参加方法】事前申込制
1月21日(金)までに、下記の「武器と市民社会」研究会事務局担当宛に、
Eメールでお申込ください。
● 事務局担当: 夏木碧 (オックスファム・ジャパン)
メールアドレス: aacs_seminar@oxfam.jp
● メールの件名を「武器と市民社会セミナー参加申込」とし、メール本文に
①お名前、②ご所属、③返信用メールアドレスをご記入のうえ、送信ください。

※定員(100人)に達した時点で締め切りとさせていただきます。

【参加費】無料
【お問い合わせ先】
上記事務局担当にメールでお問い合わせください。メールでのお問い合わせが困難な場合は、オックスファム・ジャパン事務所まで(03-3834-1556)お電話いただけましたら、担当者より折り返し連絡をいたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------
【セミナーの趣旨】
■1990年代以降に急速に進展した戦争の「ハイテク化」は、ついに無人の航空機や車両といったロボットが戦場で活躍する時代をもたらした。米軍はアフガニスタンとイラクの戦争に大量の無人航空機(UAV)を投入した。当初は偵察用だったUAVは、現在では爆撃も行うようになっている。UAVの操縦士は戦場から遠く離れたアメリカ本土の基地に「出勤」し、ボタンを押して爆撃を行った後に、家族のもとに帰宅する。今やアメリカのみならず、ヨーロッパ諸国やロシア、中国、イスラエル、シンガポールなど数十カ国が、このような「ロボット兵器」の開発に取り組んでいる。「ロボット兵器」の市場が拡大するなか、民用技術と軍事技術の境目は曖昧になり、情報通信技術の発展が技術の拡散を容易にしている。

■「ロボット兵器」の登場は、戦争をどのように変えているのか?このような戦争は、人道的なのか、それとも非人道的なのか?既存の国際人道法は、この状況に対応できるのか?「ロボット戦争」では一体誰が「戦闘員」なのか?戦争犯罪の責任は誰が負うのか?民間の科学者たちは、どのような問題や葛藤に直面しているのか?ハイテク技術の拡散は制御すべきなのか?ハイテク技術を持たない国家や非国家集団は「ロボット戦争」にどう対応しているのか?

■連続セミナーシリーズの最終回では、戦争が急速にハイテク化するなかで、議論が追いついていない様々な論点について、ロボットの研究・開発の現場を取材したジャーナリストや、国際法学者、政治思想や国際政治の研究者が、それぞれの専門分野を超えて議論します。
----------------------------------------------------------------------------------------------
【登壇者紹介】
■佐藤丙午 (さとうへいご)
拓殖大学海外事情研究所教授。元防衛庁防衛研究所主任研究官。専門は国際関係論、アメリカ政治外交、安全保障論(軍備管理・軍縮)など。論文に「通常兵器の軍備管理・軍縮」『海外事情』(2008年)、「安全保障と公共性―その変化と進展―」『国際安全保障』(2008年)、「防衛産業のグローバル化と安全保障」『国際政治』(2008年)など。

■小宮山亮磨 (こみやまりょうま)
朝日新聞東京本社科学医療グループ記者。2003年入社、前橋総局、青森総局、東京本社編集センターを経て、2010年4月から現職。産業技術、IT、宇宙開発などを担当。日本の研究者に対する米軍の資金援助が増えている実態を取材し、今年9~10月に「アカデミアと軍事」と題して連載。

■岩本誠吾 (いわもとせいご)
京都産業大学法学部教授、法学部長。元防衛庁防衛研究所所員。専門は、軍事・安全保障に関する国際法、特に国際人道法(戦争法)。論文等に「海外駐留の自衛隊に関する地位協定覚書」『産大法学』(2010年)、「国際人道法におけるサイバー攻撃の規制問題」『国際問題』2009年、共著『国際紛争と国際法』(2008年)など。

■押村高 (おしむらたかし)
青山学院大学国際政治経済学部教授。専門は国際関係論、平和と戦争の思想、国際正義論など。著書に『国際正義の論理』(講談社現代新書、2008年)、『国際政治思想―生存、秩序、正義』(勁草書房、2010年)、『越える―境界なき政治の予兆』(編著、風行社、2010年)など。

■高橋和夫 (たかはしかずお)
放送大学教授。専門は国際政治と中東研究。『現代の国際政治』、『世界の中の日本』、『異文化の交流と共存』などの担当科目が放送大学のテレビとラジオで放送中。著書は『アラブとイスラエル』(講談社現代新書、1992年)、『アメリカとパレスチナ問題』(角川ワンテーマ、2001年)など、最新刊は『なるほどそうだったのか!!パレスチナとイスラエル』(幻冬社、2010年)。ブログhttp://ameblo.jp/t-kazuo/

■夏木碧 (なつきみどり)
オックスファム・ジャパンの人道/軍備管理・軍縮分野ポリシー・オフィサー。2003年より勤務。2007年に「武器と市民社会」研究会を企画し、事務局を担当。

【共催】
■「武器と市民社会」研究会
http://aacs.blog44.fc2.com/
2007年5月にNGO関係者や研究者などにより設立された研究会。通常兵器分野の軍備管理・軍縮とNGOの役割などについて、研究会や学会でのパネル報告、セミナーなどを行っている。

■拓殖大学海外事情研究所
http://www.takushoku-u.ac.jp/laboratory/intl_situation/index.html
1955年6月に拓殖大学に設立された研究所。設立目的は、海外事情及び国際問題を調査研究し、もって学術の進歩と日本の国益,地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とする、とされている。
----------------------------------------------------------------------------------------------

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/40-a76a8426
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。