「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続セミナー第三回:武器輸出三原則は緩和すべきか?

「武器と市民社会」研究会連続セミナーの第三回を、下記のとおり開催することといたしました。皆様のご参加をお待ちしております。

-----------------------------------------------------
【タイトル】
武器輸出三原則は緩和すべきか?
~徹底討論:佐藤丙午・田中伸昌・青井未帆・杉原浩司~



【日時】2010年8月5日(木)19:00~21:15(18:30開場)

【場所】拓殖大学文京キャンパスC館4階C-404教室
[住所]〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14
[地図] 
アクセス http://www.takushoku-u.ac.jp/map/acc_b.html
(東京メトロ 丸の内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分)
キャンパス内マップ
http://www.takushoku-u.ac.jp/map/map_b.html

【登壇者】  
[報告・討論]
佐藤丙午 (拓殖大学海外事情研究所 教授)
田中伸昌 (日本戦略研究フォーラム 政策提言委員)
青井未帆 (成城大学法学部 准教授) 
杉原浩司 (核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)
[司会]  
森山隆 (新聞記者)

【主催】「武器と市民社会」研究会/拓殖大学海外事情研究所
【後援】特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン

【参加方法】事前申込制
8月4日(水)までに、下記の「武器と市民社会」研究会事務局担当宛に、Eメールでお申込ください。
●事務局担当:夏木碧 (オックスファム・ジャパン)
      メールアドレス:aacs_seminar@oxfam.jp
●メールの件名を「武器と市民社会セミナー参加申込」とし、メール本文に①お名前、②ご所属、③返信用メールアドレスをご記入のうえ、送信ください。

※定員(60人)に達した時点で締め切りとさせていただきます
【参加費】無料
【お問い合わせ先】
上記事務局担当にメールでお問い合わせください。メールでのお問い合わせが困難な場合は、オックスファム・ジャパン事務所まで(03-3834-1556)お電話いただけましたら、担当者より折り返し連絡をいたします。
-----------------------------------------------------

【セミナーの趣旨】
■1967年に日本政府は、武器輸出三原則を発表しました。この三原則では、共産圏の国に対する武器輸出、国連決議で武器輸出が禁止されている国に対する武器輸出、国際紛争の当事国(紛争の恐れのある国を含む)への武器輸出が禁止されました。その後1976年には、「三原則対象地域以外の地域については、「武器」の輸出を慎む」との政府統一見解が公表されました。
■その一方で、政府は、1983年に対米武器技術供与に踏み切ったことを皮切りとして、一部の案件については三原則の例外とすることを決定しています。
■この三原則には賛否両論があります。平和国家という日本のイメージに貢献していることが評価される一方で、国内開発武器の価格高騰や防衛産業の国際的な競争力の低下なども指摘されています。武器輸出三原則は、これまでの日本にとってどのような役割を果たしてきたのでしょうか?日本は三原則を維持すべきなのでしょうか、それとも、ある程度緩和すべきなのでしょうか?
■今回のセミナーでは、これらの問いについて、徹底討論します。
-----------------------------------------------------

【登壇者紹介】
●佐藤丙午 (さとうへいご) 
拓殖大学海外事情研究所教授。元防衛庁防衛研究所主任研究官。専門分野は国際関係論、アメリカ政治外交、安全保障論(軍備管理・軍縮)など。論文に「安全保障と公共性―その変化と進展―」『国際安全保障』(2008年9月)、「防衛産業のグローバル化と安全保障」『国際政治』(2008年)など。

●田中伸昌 (たなかのぶまさ)
日本戦略研究フォーラム政策提言委員。平成9年航空自衛隊第4補給処長を最後に退官。退官後日立製作所に顧問として勤務(平成20年退社)する傍ら、日本戦略研究フォーラム、平和安全保障研究所、ディフェンスリサーチセンター等で安全保障・防衛問題等の委託研究に従事。

●青井未帆 (あおいみほ)
成城大学法学部准教授。専門分野は憲法9条論、憲法訴訟論など。論文に「武器輸出三原則を考える」『信州大学法学論集』(2005年)、「『武器輸出三原則の見直し』について ――法的安定性強化という視点の必要性」『軍事同盟のない世界へ ――安保条約改定から50年』(2010年)など。

●杉原浩司  (すぎはらこうじ)
「核とミサイル防衛にNO!キャンペーン」に2000年の発足当時より参加し、事務局として活動。国際NGOネットワーク「宇宙への兵器と原子力の配備に反対する地球ネットワーク」日本アドバイザー。『宇宙開発戦争』(ヘレン・カルディコット他、作品社、09年)に「日本語版解説」を執筆。

●森山隆 (もりやまたかし)
新聞記者。専門は軍縮、軍備管理、不拡散に関する国際法規制。2007年、英国国際戦略研究所(IISS)勤務。

【共催】
●「武器と市民社会」研究会
http://aacs.blog44.fc2.com/
2007年5月にNGO関係者や研究者などによって設立された研究会。小型武器、重兵器、クラスター爆弾、地雷、劣化ウラン兵器など、主に通常兵器分野の諸問題に関して、研究会や学会でのパネル報告、セミナーなどを行っている。

●拓殖大学 海外事情研究所
http://www.takushoku-u.ac.jp/laboratory/intl_situation/index.html
1955年6月に拓殖大学に設立された研究所。設立目的は、海外事情及び国際問題を調査研究し、もって学術の進歩と日本の国益,地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とする、とされている。調査研究に基づく提言、報告と共に、月刊誌『海外事情』を刊行している。
----------------------------------------------------

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/37-944ed95a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。