FC2ブログ

「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

2010年6月第二十三回会合

日時:20010年6月3日(木)午後6時45分から
講師担当:福田毅(国立国会図書館調査及び立法考査局外交防衛課)
テーマ:在日米軍の再編と普天間移設問題

内容:
1)在日米軍の概要
・米統合軍の構成(Unified Command Plan)
・太平洋軍
・2009年12月末時点の在日米軍の兵力
・在日米軍の主要な展開例
・日米安保条約の「片務性」、「人と物の交換」
・沖縄への米軍基地の集中
・「基地問題」
・沖縄の米軍基地の特殊性
2)1990年代の普天間移設計画(SACO合意)
3)ブッシュ政権による前方展開態勢の見直し
  (Global Posture Review)
・2001年QDR(4年ごとの国防政策見直し)
冷戦時代を引きずっていた前方展開態勢のあり方を見直す
・米軍の変革(transformation)と前方展開態勢の見直しは連動
・在独・在韓米軍:陸軍の規模を縮小し、域外への展開能力を向上/在日米軍:海空軍を中心とした編成であるため、大幅な縮小は実施せず/中東への展開を視野に、中東周辺地域で小規模な拠点を構築
4)日米同盟の変革と在日米軍基地の再編
・交渉の経過
・日米防衛協力の強化
5)鳩山連立政権の成立と普天間問題の混迷
・経緯
・日米共同声明の概要

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/36-f46bbb81
該当の記事は見つかりませんでした。