FC2ブログ

「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

第47回会合のご案内「アメリカにおける国防イノベーションの現在とその影響」5/18(金)

「武器と市民社会」研究会第47回会合
【テーマ】アメリカにおける国防イノベーションの現在とその影響


2014年11月にアメリカで発表された「国防イノベーション構想(Defense Innovation Initiative)」では、軍事技術や作戦構想、組織・機構に係わる多角的なイノベーションを進め、「第三次オフセット戦略(Third Offset Strategy)」を追求する方針が打ち出されました。こうした取り組みは、精密誘導兵器やステルス技術などの分野でアメリカを追い上げている中国やロシアといった戦略的な競争相手に対して、新たな軍事能力を獲得することにより、再び軍事的優位を確保するという発想に立っています。

しかし近年、中国が人工知能(AI)や無人化技術、サイバー分野などで取り組みを加速させていることから、むしろ米中が同じ土俵で競争関係に入りつつあることが明らかになりつつあります。例えば、新技術の開発をめぐって、民間・国内外の技術をどのように取り込んでいくかといった問題をはじめとして、さまざまな課題が立ちはだかっています。こうした状況に、アメリカだけでなく、日本を含む諸外国がどのように対応すべきなのかが問われているといえます。

アメリカの取り組みが具体化していくなか、国際関係やそれをめぐる各国内の議論にどのような影響があらわれてきているのでしょうか?今回の研究会では、アメリカにおける国防イノベーションの経緯を振り返りながら、いま出現しつつある新たな戦略環境における課題と今後の展望などについて考えます。みなさまのご参加をお待ちしております。

【登壇者】
報告者:森聡 法政大学法学部国際政治学科教授
司会・コメント:齊藤孝祐 横浜国立大学研究推進機構特任准教授


【日時】5月18日(金)19:00-21:00 (18:45開場)
【場所】拓殖大学文京キャンパス F館301教室

【住所】 〒112-8585東京都文京区大塚1-7-1
【アクセス】こちらをご覧ください

【参加費】 無料
【参加方法】事前登録制です。2018年5月17日(木)までに、参加登録フォームにアクセスいただき、ご記入・送信ください
※いただいた個人情報は、当研究会により厳密に管理され、当研究会からの案内以外の目的には使用されません。
※2018年5月17日(木)より前に定員(60人)に達しましたら、その時点で締め切りとさせていただきます。
※最近、サイバーセキュリティー対策を強化している企業等において、参加登録フォームにアクセスできない・登録後の自動応答(登録確認)メールが届かない等の現象がみられています。そのような場合は、ご自宅からアクセスし、仕事用以外のメールアドレスを登録するなどの方法でご対応いただけましたら幸いです。
※取材や写真・動画等の撮影を希望されるかたは、5月10日(水)までに、以下の問い合わせ先まで必ず許可を申請のうえ、当研究会からの明示的な許可を受けてください。この期限を過ぎた申請は受け付けません。

【主催】武器と市民社会研究会
【後援】科学研究費補助金若手研究(B)「安全保障分野における先端技術移転の現代的メカニズムに関する研究」/科学研究費補助金若手研究(B)「近年の通常兵器規制の特質と背景:安全保障研究と歴史研究の連携を目指して」
【お問い合わせ先】
「武器と市民社会」研究会共同代表にご連絡ください。

【登壇者紹介】
森 聡(もり さとる):法政大学法学部国際政治学科教授。専門は国際関係論、米国の安全保障政策、米国政治外交史。主な著作に、「オバマ政権期における国防組織改編の模索―国防イノベーションの組織的側面―」『国際安全保障』第45巻第1号(2017)、「技術と安全保障―米国の国防イノベーションにおけるオートノミー導入構想―」『国際問題』658号(2017)。『ヴェトナム戦争と同盟外交―英仏の外交とアメリカの選択、1964-1968年―』(2009年、東京大学出版会)で第15回清水博賞受賞(日本アメリカ学会)。

齊藤 孝祐(さいとう こうすけ):横浜国立大学研究推進機構特任准教授。専門は国際関係論、米国の安全保障政策、技術開発・移転問題。主な著作に、『軍備の政治学―冷戦終焉と米国の政策選択―』(2017、白桃書房)、「米国のサードオフセット戦略―その歴史的文脈と課題―」『外交』vol.40(2016)、「米国の安全保障政策における無人化兵器への取り組み―イノベーションの実行に伴う政策調整の諸問題」『国際安全保障』第42巻第2号(2014)など。

■本会合の開催は、JSPS科研費15K16999及び16K17075の助成を受けています。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/168-5f49a7cf
該当の記事は見つかりませんでした。