「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベント中止になりました】10/11(火)Allison Pytlak来日セミナー「The Humanitarian Impact of Arms in Yemen」【事前登録制・英語のみ】

【10月10日11:50AM追記:イベント中止のお知らせ】

先ほど報告者のアリソン・ピトラックより、突然の体調不良が原因で、搭乗を予定していた飛行機に乗ることができなかったとの連絡を受けました。

体調の回復を待って翌日などの便に搭乗することを検討しているとのことですが、いずれの便でもセミナーの時間に間に合わないことが分かり、この度のセミナーは中止することにいたしました。

皆さまお忙しいところご登録くださいましたにも関わらず、直前の中止となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。
本人も予期していなかった体調不良ゆえ、どうぞご寛恕くださいますようお願い申し上げます。


=======================================
2016年10月に「コントロール・アームズ」国際キャンペーンのニューヨーク事務所のアリソン・ピトラックが急遽来日することになりました。そこで、2016年10月11日(火)19時より「武器と市民社会」研究会と明治大学国際武器移転史研究所の共催でセミナーを開催する運びとなりました。
武器貿易条約(ATT)については、2015年3月にイエメンに空爆を開始したサウジアラビアに対してイギリスをはじめとするATT締約国が武器を移転した事例などをめぐり、条約上の義務が守られていないことが指摘されています。今回のセミナーでは、この問題に関する議論や世界各地のキャンペーンの状況などについて、アリソンに解説いただきます。
会場での使用言語は英語のみです。ご参加いただけるかたは、事前登録いただけましたら幸いです。

Seminar with Allison Pytlak
The Humanitarian Impact of Arms in Yemen

On 11 October, the Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer and the Arms and Civil Society Research Forum will co-host a seminar titled, “The Humanitarian Impact of Arms in Yemen”.

The devastating conflict in Yemen is exacerbated by a continuous supply of weapons to the coalition forces led by Saudi Arabia. Many of those countries supplying the weapons are doing so in contradiction to national or international commitments. In this seminar, Allison Pytlak, Policy & Advocacy Specialist of Control Arms Secretariat, will outline how weapons are being used against civilians in Yemen, who is supplying them and what global civil society is doing in response.

The event is supported by Terra Renaissance and Inter-Band (Control Arms Japan Coalition members).

[Date and time] Tuesday 11 October 2016, 7PM-9PM (Venue opens at 6.30PM)
[Venue] Room 1135, 13rd Floor, Meiji University Surugadai Campus Liberty Tower


[Entry fee] Free
[Seating capacity] maximum 50 seats
[Registration] Pre-register before 10 October 2016 here. We will close the registration when the number of applicants reaches the capacity.

*The seminar will be held in English ONLY without translation.

[Panelists]
- Main Speaker: Ms. Allison Pytlak (Policy & Advocacy Specialist, Control Arms Secretariat)
- Discussant: Prof. and Dr. Heigo Sato (Professor, Takushoku University Institute of World Studies; Co-representative, Arms and Civil Society Research Forum)
- Chair: Dr. Tamara Enomoto (Resarch Fellow, Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer; Co-representative, Arms and Civil Society Research Forum; Policy Advisor, Terra Renaissance)

Hosted by Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer; Arms and Civil Society Research Forum, and supported by Terra Renaissance and Inter-Band.

[Biography of Ms. Allison Pytlak]
Ms. Allison Pytlak is a Policy and Advocacy Specialist at the Secretariat of the Control Arms coalition, a global civil society network operating in more than 100 countries and headquartered in New York. In this role, she provides strategic insight to the coalition's advocacy and policy work, including through campaign planning, direct liaison with the United Nations and permanent missions, as well as preparing research, reports and analysis.

Prior to joining Control Arms, Allison served as the Disarmament Program Coordinator at Religions for Peace, where she mobilized religious leaders and networks to advocate for the ban on cluster munitions and developed country-level programming on a range of arms issues such as small arms and light weapons. Ms. Pytlak received a bachelor’s degree in International Relations from the University of Toronto, and a master’s degree, also in International Relations, from the City University of New York.

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/155-79f4a559
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。