「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

研究会の運営形態の変更について

「武器と市民社会」研究会では、2015年4月から関係者による検討を行った結果、当面の運営体制を変更することにいたしました。

具体的には、これまで(特活)オックスファム・ジャパンの職員が共同代表として運営に関わっていましたが、オックスファム・ジャパンの理事会等が当研究会に関与しない旨を決定したことを受けて、以下のように改組いたしました。
今後は、一団体内のプロジェクトという要素がなくなり、通常兵器の軍備管理・軍縮や安全保障貿易管理の研究や活動に携わる有志によって運営する形になります。
マルチセクターによる学際的でオープンな討議のためのフォーラムという趣旨には変わりはなく、今後も関連テーマに関する会合を重ねていく予定です。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2015年5月から:次のとおり
【共同代表 4名:個人資格であり、組織を代表しない】
榎本珠良、佐藤丙午、福田毅、森山隆(五十音順)
担当事項:研究会の企画、日程調整、会場手配、準備、広報、当日準備、運営、問合せ対応、研究会内調整、ブログ管理など。
共同代表の連絡先:こちらのページをご覧ください。

【企画グループ 15名:個人資格であり、組織を代表しない】
阿久根武志、榎本珠良、川崎哲、齊藤孝祐、佐藤丙午、杉原浩司、福井康人、福田毅、森山隆、他7名(五十音順)
担当事項:研究会の企画形成、研究会広報など。

【参考】
2011年から2013年6月までの運営体制
2013年7月から2015年4月までの運営体制

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aacs.blog44.fc2.com/tb.php/133-4b22a9af
該当の記事は見つかりませんでした。