「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の研究会

今後の研究会は、現在企画中です。
引き続き何卒宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

次回研究会について

現在、次回研究会を企画しております。
2016年7月に開催できましたらと思っております。
企画が固まり次第、このブログで告知いたします。
今後とも宜しくお願いいたします。

今後の研究会

現在、「武器と市民社会」研究会では、次回以降の研究会企画を立案中です。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

今後の研究会

今後の研究会は、現在企画中です。
引き続き何卒宜しくお願いいたします。

第四十回会合:ご参加ありがとうございました

2015年10月6日(火)の「武器と市民社会」研究会第四十回会合「生物兵器禁止条約(BWC)の現状と課題:第8回運用検討会議(2016年)に向けた論点」にご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

通常兵器関連のテーマを主に扱っている研究会が、生物兵器をテーマに開催した会合にもかかわらず、当日は多くの方々にご参加いただき、活発な議論が行われました。お忙しいなか報告を準備くださいました外務省の高橋様をはじめ、企画に参加くださったみなさまにも、お礼申し上げます。

次回研究会は、できれば年内に開催できましたらと思っております。またご案内をお送りします。引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

20151006会合

写真:10月6日(会合)の様子 © 「武器と市民社会」研究会

次回研究会、企画中

次回研究会は、9月頃を予定して企画を進めています。
また決まりましたら、過去の研究会に参加いただいたみなさまを中心に、ご案内をさせていただきます。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

今後の研究会開催

2015年度の研究会開催につきましては、研究会関係者で計画を進めております。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

明日・1月22日のシンポジウムについて

明日・1月22日(木)の「武器貿易条約(ATT)発効記念シンポジウム:ATTの意義・課題と第1回締約国会議に向けた論点」に関しましては、1月21日(水)現在、定員数を少し増やしたうえで、登録を受け付けております。
参加ご希望のかたは、参加登録フォームにアクセスいただき、ご記入・送信いただけましたら幸いです。

研究会の運営メンバーが増えました

研究会の運営メンバーが増えましたので、運営体制についてのページを更新いたしました。

来年度以降も、多様なバックグラウンドや意見・立場の方々の間の意見交換やネットワーキングの場になるよう、企画・運営していくことができましたらと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

掲載情報

8月7日の「武器と市民社会」研究会のATT交渉会議報告会が、8月14日の東京MXTVのゴールデンアワー(ATTについて特集)とともに、最新のControl Arms Bulletinのトップ記事の一つになりました。
こちらのリンク(PDF文書)の2頁目と3頁目です。

第二十九回会合について

【事務局よりお知らせ】

先日ご案内いたしました第二十九回会合は、残り数席となりました。ご参加のかたは、お早めにお申し込みください。
申込方法は、上記リンクよりご覧いただけます。

また、当ブログの「武器貿易条約(Arms Trade Treaty: ATT)」カテゴリーの記事の、国連公式サイトでは公開されていない非公式文書のリンクが、リンク先の「Reaching Critical Will」サイトのリニューアルに伴い、一部リンク切れになっておりました。先ほど修正いたしました。

兵器・イシューごとに情報量増やします

「武器と市民社会」研究会では、今後このブログでの情報量を増やす計画でおります。
具体的には、各兵器あるいはイシュー別にカテゴリを作り、リンク集や文書を掲載する予定です。
手始めに、今週中に「通常兵器の移転規制」カテゴリーを作り、来週2月28日(月)から3月4日(金)まで開催される、国連の武器貿易条約(ATT)準備委員会の関連情報掲載を始めます。

現在、準備委員会の準備および参加のためにニューヨークにおります。
会議の場で配布される資料など、最新情報をアップできればと思っております。
ご関心おありのかたは、ぜひご覧ください。

(夏木碧:「武器と市民社会」研究会事務局担当)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。