FC2ブログ

「武器と市民社会」研究会

2007年5月に設立された「武器と市民社会」研究会の公式ブログです

武器と市民社会研究会第51回会合:ご参加くださりありがとうございました

2019年9月19日(木)19時からの「武器と市民社会」研究会第51回会合「CCW-LAWS政府専門家会合・ATT第5回締約国会議合同報告会」にご参加くださいまして、誠にありがとうございました。

「武器と市民社会」研究会では、今後も議論の多様性を保ち、幅広い方々にご参加いただける場として運営していきたく思っております。引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

20190919写真1
20190919写真3
20190919写真2

第51回会合のご案内:「CCW-LAWS政府専門家会合・ATT第5回締約国会議合同報告会」

2019年9月19日(木)19時より、「武器と市民社会」研究会第51回会合「CCW-LAWS政府専門家会合・ATT第5回締約国会議合同報告会」を開催いたします。2019年8月に開催される特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の自律型致死兵器システム(LAWS)に関する専門家会合と、武器貿易条約(ATT)第5回締約国会議の合同報告会です。みなさまのご参加をお待ちしております。

武器と市民社会研究会第51回会合
CCW-LAWS政府専門家会合・ATT第5回締約国会議合同報告会

【日時】2019年9月19日(木)19:00-21:00 (18:45開場)
【会場】拓殖大学文京キャンパス F館301教室
アクセスについてはこちら
キャンパス・マップはこちら
【言語】日本語
【参加費】無料
【参加方法】事前登録制です。2019年9月18日(水)までに、こちらの参加登録フォームに アクセスいただき、ご記入・送信ください。
※この期限にかかわらず、登録者が定員(80名)に達した場合は登録を締め切らせていただきます。いただいた個人情報は、当研究会により厳密に管理され、この研究会からのご案内以外の目的には使用いたしません。

20190919研究会画像2

【プログラム・登壇者】
■報告
佐藤 丙午(さとう へいご)
 拓殖大学教授・海外事情研究所副所長
榎本 珠良(えのもと たまら)
 明治大学研究・知財戦略機構客員准教授
吉田 真衣(よしだ まい)
 特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事
■司会・討論
杉原 浩司(すぎはら こうじ)
 武器取引反対ネットワーク(NAJAT)代表

【主催】「武器と市民社会」研究会
【後援】拓殖大学海外事情研究所(IWS)・明治大学国際武器移転史研究所(RIHGAT)・武器取引反対ネットワーク(NAJAT)・安全保障と先端技術プラットフォーム(PSET)・科研費基盤研究(B)「国際安全保障環境に対する科学技術イノベーションの影響」・科研費若手研究(B)「近年の通常兵器規制の特質と背景」
■本会合の開催は「文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成27年~平成31年)」、JSPS科研費16K17075・16KT0040・17H02494の助成を受けています■

2019年7月5日(金)国際セミナー「Japan’s Awakening: Moving Toward an Autonomous Security Policy」

2019年7月5日(金)19時00分より、明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント17階C5会議室にて、国際セミナー「Japan’s Awakening: Moving Toward an Autonomous Security Policy」を開催いたします。

今回のセミナーでは、ジュネーブのウェブスター大学国際関係学科の助教のリオネル・ファットン (Lionel Fatton) 氏に、近年の日本の安全保障政策の変化についてご報告いただきます。参加希望のかたは、ぜひ下記の参加登録フォームより事前登録をお願いいたします。みなさまのご参加をお待ちしております。

Japan’s Awakening: Moving Toward an Autonomous Security Policy
【日時】 2019年7月5日(金)19:00~21:00(18:30開場)
【場所】 明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント17階C5会議室

◇アクセスマップはこちら
◇キャンパスマップはこちら
【言語】 英語のみ
【主催】 明治大学国際武器移転史研究所/「武器と市民社会」研究会
【参加方法】 事前登録制です。2019年7月4日(木)までに、こちらの登録フォームからお申し込みください
※会場での使用言語は英語のみです。いただいた個人情報は、本セミナーの共催団体である「武器と市民社会」研究会により厳密に管理され、この研究会からの案内以外の目的には使用されません。

【イベントの詳細や講師プロフィールは、以下をご覧ください(英語)】
Friday 5 July 2019 International Seminar
Japan’s Awakening
Moving Toward an Autonomous Security Policy


On Friday, 5 July 2019, the Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer and the Arms and Civil Society Research Forum will host a seminar entitled "Japan’s Awakening: Moving Toward an Autonomous Security Policy".

Dr. Lionel Fatton is Assistant Professor of International Relations at Webster University Geneva, Research Collaborator at the Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer and Fellow at The Charhar Institute in Beijing. In this seminar, he will discuss the recent evolution of Japan’s security policy and show how this evolution represents a rupture with the past practices of exclusively defense-oriented posture and heavy reliance on the United States for protection. He will further argue that the adoption by Japan of a more autonomous security policy is triggered by a worsening entrapment-abandonment dilemma, in which Japan worries about the prospect of being abandoned by the United States vis-à-vis China while it fears being dragged into a Korean conflict by its traditional ally.

[Date and time] Friday, 5 July 2019, 19:00 p.m.–21:00 p.m. (Venue opens at 18:30 p.m.)
[Venue] Room C5, 17th Floor, Global Front Building, Meiji University
[Entry fee] Free
[Seating capacity] 30
[Registration] Pre-register before 4 July 2019. We will close registration when the number of applicants reaches capacity. Your information will be kept confidential by the Arms and Civil Society Research Forum and will be used only to provide you with information on its events.
*The seminar will be held in English only, without translation.
[Sponsors] Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer / Arms and Civil Society Research Forum

[Panelists]
- Speaker: Dr. Lionel Fatton, Assistant Professor of International Relations at Webster University Geneva, Research Collaborator at the Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer and Fellow at The Charhar Institute in Beijing.
- Chair: Dr. Tamara Enomoto, Visiting Associate Professor, Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer

[About the speaker]
Dr. Lionel Fatton is Assistant Professor of International Relations at Webster University Geneva, Research Collaborator at the Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer and Fellow at The Charhar Institute in Beijing. His main research interests are international and security dynamics in East and Southeast Asia, Japan-China-US relations, Japan’s security policy, civil-military relations and neoclassical realism. His recent publications include Japan’s Awakening: Moving Toward an Autonomous Security Policy (Peter Lang, 2019), “A new spear in Asia: why is Japan moving toward autonomous defense?” (International Relations of the Asia-Pacific, 2018) and “‘Japan is back’: Autonomy and balancing amidst an unstable China-U.S.-Japan triangle” (Asia & The Pacific Policy Studies, 2018). Dr. Fatton holds a PhD in Political Science, specialization International Relations, from Sciences Po Paris and two MA in International Relations from Waseda University in Tokyo and the Graduate Institute of International and Development Studies in Geneva.

IMG_8266.jpg

*This seminar is hosted by the Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer and the Arms and Civil Society Research Forum. It is partially funded by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology’s (MEXT) Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities, 2015–2019 and JSPS KAKENHI grant number JP16K17075.